東京・名古屋・大阪
郊外住宅地にあるタワーマンションの魅力

地価の安い郊外で
憧れのタワーマンションに住もう!

タワーマンション選びの一つの基準としての耐震性

アクセスTOP3

このサイトについて

住宅としてのステータスが高く、誰もが憧れる生活を実現してくれるタワーマンション。利便性の高い立地、すばらしい眺望、充実したセキュリティ、豪華な共用施設を満喫できる暮らしが人気です。このサイトでは、タワーマンションのメリット・デメリット、さまざまな共用施設、郊外住宅地にある物件に注目してご紹介します。

郊外住宅地にあるタワーマンションの魅力

タワーマンションの耐震構造について

タワーマンションは耐震性を高める3構造

タワーマンションは耐震性を高める為に、主に3種類の構造になっていることが多いです。それは「耐震構造」「免震構造」「制震構造」です。それぞれの特徴についてご説明します。
「耐震構造」は、地震の揺れに負けないように設計された構造体です。柱や梁の強度を上げて、地震から建物を守ります。ただ、地震の揺れが建物に伝わりやすく、室内の揺れは大きくなる特徴があります。「免震構造」は、地震の揺れを吸収する仕組みを建物に設けて、揺れの伝わりを和らげる構造体です。筋交いとオイルダンパーを入れたもの、間柱の中央に鋼板を入れたものなどがあります。 また強風による揺れも防ぎます。「制震構造」は、基礎部分に免震装置を設置し、地震の揺れを建物に伝わりにくくした構造体です。 室内の揺れも抑えられるため、家具などの転倒も防ぎます。 ただ建築コストが高く、また維持費用も高くなることが特徴です。
タワーマンションでは、「制震構造」または「免震構造」を採用したものが多くなっています。それぞれの特徴を知り、マンション選びの一つの基準とすることも大切なことです。また地震の揺れは建物の構造だけでなく、震源からの距離や地盤によるところが大きいですので、構造だけでなく、地盤調査データやJ-SHIS 地震ハザードステーションなどを確認することをおすすめします。

東京・愛知・大阪の郊外にあるタワーマンション

東京都・多摩エリアのタワーマンション

東京都心へ向かう鉄道路線が多く、ショッピングモールや公園が充実した多摩エリアにあるタワーマンションをご紹介します。

愛知県・西三河エリアのタワーマンション

自動車を中心とした製造業が好調で、名古屋へのアクセスも良好な西三河エリアのタワーマンションをご紹介します。

大阪府・北摂エリアのタワーマンション

梅田や新大阪への交通アクセスがよく、緑豊かな環境にも恵まれた人気の北摂エリアにあるタワーマンションをご紹介します。

郊外住宅地にあるタワーマンションの魅力