東京・名古屋・大阪
郊外住宅地にあるタワーマンションの魅力

地価の安い郊外で
憧れのタワーマンションに住もう!

高層であるがゆえのデメリット

アクセスTOP3

このサイトについて

住宅としてのステータスが高く、誰もが憧れる生活を実現してくれるタワーマンション。利便性の高い立地、すばらしい眺望、充実したセキュリティ、豪華な共用施設を満喫できる暮らしが人気です。このサイトでは、タワーマンションのメリット・デメリット、さまざまな共用施設、郊外住宅地にある物件に注目してご紹介します。

郊外住宅地にあるタワーマンションの魅力

気を付けておきたいデメリット

管理費が高い

小見出しの下のライン

タワーマンションの魅力ポイントである充実したセキュリティシステムや豪華な共用施設が、管理費の高さにつながります。例えば、非常用発電装置やエレベーターなどのメンテナンス費は高額。共用施設の満足度に比例して管理費は高くなるものですが、施設を利用しない居住者にとっては不利なところです。

修繕積立金が高い

小見出しの下のライン

一般的なマンションなら足場を組んで簡単にできる工事や点検が、タワーマンションの場合は屋上からゴンドラを吊るすなどの工法をとるため、経費がかかります。また、強風の日は作業ができないことから、工期が長期にわたると工事・点検費が高額になります。

洗濯物が外に干せない

小見出しの下のライン

多くのタワーマンションでは、洗濯物を外に干すことが禁止されています。景観を損なうという理由もありますが、現実的に強風で飛んでしまう恐れがあるため、洗濯物や布団を外に干すことは危険です。乾燥機付き洗濯機や浴室乾燥機、宅配クリーニングを利用することをおすすめします。

宅配物の待ち時間が長い

小見出しの下のライン

宅配業者は一度の配達でマンション全体の荷物をもって運ぶことが多いため、インターホンでの連絡後に5〜10分ほど待たされる場合があります。出かける間際に連絡があった場合は、コンシェルジュに預かってもらうか宅配ボックスに入れてもらうのがおすすめ。また、住戸数の多さや、セキュリティ上の理由で、1階の宅配ボックスまで宅配物を取りに行かなくてはならないところもあります。

地震時の揺れが大きい

小見出しの下のライン

日本のタワーマンションは厳しい耐震基準で建てられていて、地震で建物に大きな被害が出ることはあまりありません。しかし、大きな地震が起きたときに発生しやすい長周期地震動は高層階を中心に大きな揺れをもたらし、家具の倒壊や落下といった被害が出る可能性が高いです。また、地震でエレベーターが使えなくなると上層階への移動が大変です。

家庭ゴミを出すのが面倒

小見出しの下のライン

各階にゴミ置場(粗大ゴミ除く)を設け、まとめてゴミ置場まで運んでくれるマンションもありますが、居住者が1階や地階のゴミ置場までゴミをもって降りなければならないところもあります。ただし、ゴミの日を気にせずに、いつでもゴミが出せるタワーマンションがほとんどです。

外出する回数が減ってしまう

小見出しの下のライン

駅直結、駅前という好立地であっても、エレベーターが混雑したり、駐車場からスムーズに車が出せない時間帯は、外出するのが億劫になります。また、下層階にスーパーやコンビニがあるだけでなく、建物内にライブラリーやシアタールーム、レストランなどがあれば、出かける回数が減ってしまいますね。

東京・愛知・大阪の郊外にあるタワーマンション

東京都・多摩エリアのタワーマンション

東京都心へ向かう鉄道路線が多く、ショッピングモールや公園が充実した多摩エリアにあるタワーマンションをご紹介します。

愛知県・西三河エリアのタワーマンション

自動車を中心とした製造業が好調で、名古屋へのアクセスも良好な西三河エリアのタワーマンションをご紹介します。

大阪府・北摂エリアのタワーマンション

梅田や新大阪への交通アクセスがよく、緑豊かな環境にも恵まれた人気の北摂エリアにあるタワーマンションをご紹介します。

郊外住宅地にあるタワーマンションの魅力